STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ヘビロテ

奥田民生 「Fantastic OT9」

あー ロックはまだ
こんなに可能性があった
ずっと聞いていたい。
こんな手ざわりの音楽

いい映画を一本観たような気がして
チカラが抜けて眠くなった
コタツでひと眠りして
またCDを再生した

なんでもっと なんでもっと もっともっと
ならばもっと かなりもっと 愛をもっと

愛とはゆがみのつえ すべてのバランス
あとは瞳を閉じ 最後にはバラ色
嵐の夜に一人つぶやいた

もともと君が分かっていようが気にしていまいが

「なんでもっと」
スポンサーサイト
| ↑TOP |

ふれあい

土曜
渋谷 東急では福島の物産展をやっていて
相馬牛のメンチカツを買い食い。
まっち棒でラーメンのあと、青い部屋にピーコックベイビーズを観に行く
歌謡ガレージバンド。
ボーカルの女の子の唄が良かったな
ガクちゃんのギターも上手くなってた
打ち上げで焼酎を呑んで帰る

日曜
荻窪トマトでジャワカレー
オレにはスパイスが強烈過ぎだ。ニガイ

品川で1000円払ってワイン試飲会
12種類の赤と白をちびちび
テイスティングして好きな味は一番安いワインだったよ

明日は奥田民生の新譜を買いに行く
あの人の才能が尽きることはないのだろうか

ないのだ
ホンモノの天才だから
| ↑TOP |

面白かった

「リピート」 乾 くるみ

現在の記憶を持ったまま10ヶ月前の自分に戻れるという、
タイムスリップ話にのった10人は次々と死んでゆく…
SF&ミステリーでテンポがよく読みやすい

人生やり直し。
実際オレが過去に戻れても、うまく立ち回れる自信なし。
てゆうか、めんどくせぇ
ドラクエで全滅した時にはリセットしますが。

「ミミズクと夜の王」 紅玉いづき

ミミズクが夜の王に出逢い、
自分を知り、優しさを知り、まわりを変えていく

ファンタジーもの?ヒューマンもの?恋愛もの?
肩書きまったく必要なし。
「ミミズクが選ぶのはねぇ、フクロウのいるところよ!
ずっと、ずっと一緒よ!」

人にやさしくしたいな と思う本
人にやさしくされたいな と思う本
あまりにまっすぐで 泣けた
| ↑TOP |

34

20080217222655
34年前10:15分頃に
生まれた

人生のこり半分かね

新宿 雪園で中華
チャーハンが美味い

映画「アース」
極楽鳥がおもろい

ゲーセン
太鼓の達人はムズかしい

とみのほうざん
焼酎はロックが好きだよ

死ぬまで遊ぶ
| ↑TOP |

天気が良くて、なにより。

20080211225811
20080211225810
湯河原に遊べるところはなかった
小さな商店街はシャッターが下りている
ここは温泉につかりに来るところなんだ

お土産にかまぼこを買って
小田原で別れた

もっと優しくしてあげればよかった
肩でも揉んであげればよかった
写真を一緒に撮ればよかった
前よりマシになったが、まだまだ素直に接する事が出来ない

次こそは
| ↑TOP |

小田原

200802101929342
20080210192934
土曜夜 近所の小料理屋から
しんしんと降る雪をみていた
チェーンを巻いたバスが走っていく
日曜は電車止まるかと心配したが、朝起きたら快晴だった

ロマンスカーに乗って小田原で合流
十何年ぶりの親との旅行

うなぎを食べて小田原城
昭和25年来日のインド象がいる

足をのばして御幸の浜で海をみた
浜辺は石がたくさん転がっている
ざざーん ざざーん
一定のリズムでヨセてはカエす波
ただそこに存在する海を前にすると
なんにもいらないとホントに思えるよ
幸せとはなんだ
成功とはなんだ
もう、知ってるんだろう?
あの娘がいればなんにもいらない
そんな気になる。
ミュージシャンとしては失格だけどね

隣駅の早川まで歩いて湯河原の宿に着いた
岩風呂に入った
眠る前にもういっかい
| ↑TOP |

イマジン

年末に実家に帰った時
手土産にせんべいと文庫本を買った
「160万人が泣いた感動作」
そんなオビがついていた
わりと好きな作家だったし、親にプレゼントする本に過激なのはマズイ
何気なく手にとった本だ。映画になっていた事すら知らなかった
何週間かして、読んだからと言って返してきた
「主人公がバンドにのめり込んでいってね…読んでみたら?」と。

そしてドラクエ4が終わったオレも読んでみた

「手紙」 東野圭吾

両親のいない兄弟。肉体労働で体を壊した兄は弟の大学進学のための費用をつくるため、強盗殺人の罪を犯してしまう。
強盗殺人犯の弟として暮らす主人公のもとに毎月一通、服役中の兄からの手紙が届く…

この本のテーマは重い
弟になんの罪もないが世間の目は厳しい
差別がそこにはあって、夢も恋愛も普通の生活さえも奪われる
誰もが同情するがチカラは貸さない 距離を置こうとする
オレもきっと同じ事をしているのだ
誰かが救ってやればいいと。

罪を償うとは何だろう?
被害者は、その家族は一生忘れない
加害者も、その家族も一生忘れない
9・11アメリカでテロがあり大統領は報復の名のもとに戦争を始めた
やられたらやりかえす。
オレもそう思っていた。自分の家族が酷い目にあったら許さない。
その時ジョンの「イマジン」が放送禁止になった
オノ・ヨーコの言葉も虚しく聞こえた

最近やっとわかってきた。
罪は許さないと前に進めない
オレはそうじゃないと生きれなかった。
罪を償うとは「忘れない事」だと思う

東京は特にそうかも知れないがオレも歳をとるにつれ、他人を詮索しなくなった。
その人に興味がない訳じゃない
さっき知り合ってバカ話をして盛り上がってる目の前の人に、もしかしたら重い過去があるかも知れない。
笑顔の裏には色んな事があったかも知れない
それを聞きだすのはヤボだ。
だからオレはバカ話ばかりするようになった

ひどい運命を背負ってる人がいる。自分から話してくれたら嬉しいと思う時もある。知りたくなかったと思う時もある。
辛さを共有してしまうからね
でも受け止める心は持っていたい

生きる事の難しさ
生きる事の悲しさ
生きる事の素晴らしさ

いい本に出会えた。

「みんなが今日のために生きていると思ってごらん」

ジョン・レノン「イマジン」
| ↑TOP |

スノーサンデー

20080203124308
土曜日
ラーメンをつまみに焼酎やカクテルを飲ます店に行った
それなりに客もいてシャレた店づくり
そこでものすごくマズいタコライスと塩ラーメンを食った。
猫もくわないだろう
昔 三つで300円のシャケフレークを野良猫にあげたら
匂いを嗅いでソッポむいていたよ

はじめて知らない店に入る時、店の前に雑誌や新聞に載った記事が切り抜いて貼ってあると
安心して入ってみようと思ったりする。
その店も切り抜きがたくさん貼ってあったから入ったのだ

週末の夜マズいメシを食ったオレは店を出て、入り口の切り抜きを改めて見た
なんと 全然違う店の記事が載ってるじゃないか!
TVチャンピオン・ラーメン王の写真も合成しているし!
こんな姑息な手を使って客を集めるオーナーに拍手。
驚きは どこにでも転がっていますね
| ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。