STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

パーティー

20081130213234
20081130213231
金曜日
バスクで世話になったハビが
バスクのミュージシャンを連れて日本にやって来た。
アコギ&ボーカルの女の子とエレキギターの男の子の二人組でツアーをする。

渋谷のライブが出来るバーにみんなに会いに顔を出したが
スタートがとても遅くてライブは観れなかった。
談笑して帰る

土曜日
ソウルシャインのツアーに備えて新譜をつくっていて、
コーラス録りを5分で終わらせて(!)ハビのWelcomeパーティーに行った。

0時を過ぎるとギターの男の子“アンデル”が24歳になった。
みんなでお祝いしてメチャ楽しかったぜ

日曜日
ジャパンカップをやりに新宿WINSへ。
缶ビール呑みつつアルタ前で賭けた馬を応援した。

ありえない馬がきて……
結果は惨敗でした…

幡ヶ谷の炙り屋で焼酎くらって
あー 楽しい週末だったと笑った。

競馬が当たってれば文句ナシだったけどね!
スポンサーサイト
| ↑TOP |

基本、ポジティブ

20081125122705
雨が降る寒~い祝日
ソウルシャインは渋谷ラママでライブ

リハ終わりにいつも行っていた店はツブレていたので新規開拓したわけだが、
見つけた店の態度悪い店員さんにホント嫌気がさす。
まぁ 酔ったからイイけど!

昨夜のステージは「クールに熱く」を目標にプレイした。
アンコールでゆうたろーさんと一曲

来月は茨城、名古屋、大阪、静岡、吉祥寺
ワンツアーまわって多忙を極めた平成二十年が終わる。

「忙し過ぎる」とブツブツ言いながら
好きな事で忙しくしてる日々に幸せを感じてるのかもね
| ↑TOP |

ラーメンのこと。

ラーメンが好き過ぎて
blogには書いてないが週に1回は必ずラーメン屋に行っている。
スペインで一番辛かった事はラーメンが食えなかった事だ

今日は つけ麺がメインの店で中目黒の「フジヤマ製麺」
ビール呑みつつ、全部のせを食べた。
…そして個人的にベストスリーに入るつけ麺になった。

スープは少し甘いが好きな味で太めの麺がとにかく美味い。
そして店は広く、タバコが吸えて焼酎まで呑める。
かなり最強す。

ラーメン、ギョーザ、チャーハン、カレー
ハンバーグ、エビフライ、唐揚げ、コロッケ
しょうが焼き、ブリの照り焼き、ポテトサラダ
それしか死ぬまで食べるなと言われても
そんなにイヤじゃないです

言っとくけど
味オンチじゃないです
| ↑TOP |

読書の記録

最近読んだ本

「ララピポ」 奥田英郎
「邪魔」 奥田英郎

この作家の初期の名作「最悪」も最高だった。
何気ない日常から、人は何気なく道を踏み外す。そして巻き込まれる。
ひどくあたり前に。

「これでいいのだ」 赤塚不二夫

赤塚不二夫の自叙伝
よくあるサクセスストーリーじゃない。
淡々とユーモアを交えて半生を綴る。
幼年時代を過ごした戦中の満州、戦後の奈良、新潟。
本当にタフな時代だったと考えさせられた。

「蟹工船・党生活者」 小林多喜二

プロレタリア(労働者階級)文学の名作
ビラをまいただけで“アカ”として逮捕される時代、
小林多喜二も共産党で活動していて29歳の時に警察によって逮捕、拷問され殺された

蟹工船は映画になるという…

蟹工船が書かれて80年経った。
サラリーマンが一生かかっても稼げない金を株であっという間に稼いだ若者がいる。
うなるほど金はあるが立ち食いソバを食い、毎日パソコンのモニターから目を離さない。
金は欲しくないがやめられないのだ、と言う。

ネット難民と呼ばれマンガ喫茶から派遣仕事に行き
また、マンガ喫茶に帰る人がいる。
生きるため、食うために働く事をやめる事は出来ない。

オレはと言えば働ける場所があるだけマシだと
毎朝早く起きて仕事場に出かける。
保障はもちろん、ナイ

共産主義かどうかはわからないが
ものすごく儲かってる社長がいて、
ものすごく働いてくれる従業員がいるなら還元して欲しいと思う。
使い切れないほど金を持っているなら一本でも多く木を植えたり
社会貢献のために使って欲しいと思う。

恩を受けたら恩で返す。
実行は難しくても
その気持ちは持っていないと。
| ↑TOP |

ロックの畑に戻る

20081104141222
20081104141219
3日(月)
吉祥寺マンダラ、テックスのライブ。
スペインで吸収してきた事を
お客さんに還元できたかな?

そしてオレがテックスで活動するのは昨夜で最後となった。
手を抜かず出来る限り時間をさいてきたつもりだったが、
ロックンロールバンド・ソウルシャインのライブと
テックスのライブが重なる事も何回かあり、
ベースレスでライブせざるを得ない状況はみんなにとってストレスだっただろう。

そんなわけでメンバーはオレを外す選択をした。
言葉悪く言えばクビだが
バンドをもっと向上させるために決断した彼らの意志は正しいと思う。

オレは4、5年前タイマーズのドラム、ショウジ丸さんと
オサバンドでリズム隊をつくっていた。
昨夜はオサとタイバンで久々にドラミングを見た。
ホーンセクションやキーボードも入りオレとやってた頃の編成とは
全然違うバンドだけど一発でショウジ丸とわかる個性があった。
もちろんオサも編成は違えど個性は変わってない。

ロックからレゲエの畑を覗き、試行錯誤しながら
結局 自分のスタイルを貫いたのは間違ってないと思う。
それはバスクで証明された

いろんな経験をさせてもらったテックスのみんなに感謝。
| ↑TOP |

ソウルシャインピック発売

20081102193732
そう言えばバスク・イルンでライブをやった帰り道
車の助手席にいたオレはUFOを見た。
最初は流れ星と思ったが
「クリスマス島や沖縄で死ぬほど見てきたけど、
流れ星があんなにデカい訳がない!」
と、運転席で目撃したテツは力説した。

なるほど、確かにデカい緑色がすごい速さで斜め右下に進んでいったのだ。
飛行機があのスピードで落ちたら大惨事になっているだろう。
結局オレ達はUFOだったと納得し、興奮しながら帰った。
オレ達の前を走っていたハビチームの車も見たと言ってたから間違いない

やっぱりいるんだ!

昨夜はマンダラでソウルシャインのライブ
けして悪いライブではなかったけど少し物足りなさを感じた。
必死にもがいて オレ達は前に進む
| ↑TOP |

バスクの旅を終えて

20081101115930
20081101115928
20081101115925
むこうではライブ前かライブ後に
食事や酒を振る舞ってもらった。
出演者やスタッフさんをまじえて飲み食いし親睦を深めた。
3日目4日目では地元の青少年が裏方さんとしてライブを支えてくれた。
ボランティアでメシを作ってくれたりチケットの受付をしてくれたり。

彼らもみんなイイ子でシャイな子もいれば、アスレチック・ビルバオの事を
(スペインリーグの地元フットボールチーム)熱く話す子もいた。
ホントに素晴らしい連中ばかりに出会った。

このツアーのセットリストにお客さんを全員しゃがませて
だんだん立ち上がってゆくネタがあった。
この地方に精通してる人は、そんな事は不可能だと言った。
だが!見事に全員がネタにノってくれたのだ。

ライブが終わるとオレはスペイン語もバスク語もわからないのに
たくさんのお客さんに声をかけられた。
マシンガンのように話しかけてくれたり、グゥー と親指を出す人や
サイコーだったと抱きしめてくれた人。
英語で「音楽に国境はないな」と言ってくれた人。

スペイン・バスクでライブして
ただやっただけ、「いい思い出が出来た」
それじゃ意味がないと。
「オレ達を見ろ 楽しんでくれ そして受け入れてくれ」
そういう気持ちが伝わったと思う。

もちろん、全員をノックアウト出来たとは思わない。
だけど、自分のすべてを出して それが受け入れられた事は
ミュージシャンとしての誇りだし やっぱりメチャメチャ嬉しかった。

まったく未知の世界だったバスクの文化にも触れたり(ほんの少しだけ!)
今でも独立のため戦いを続けているETAという組織がある事や
(テロ行為をしてない事を願う…)
バスク人、スペイン人のやさしさを知った。

この旅の経験はとても大きい
ミュージシャンとして、人として成長させてくれた

サンキュー・フォー・バスク
サンキュー・フォー・エブリバディ
サンキュー・フォー・テックス
サンキュー・フォー・ミュージック

まだまだ思い返していたいけど今夜はソウルシャインのライブ
吉祥寺にロックンロールを届ける。
| ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。