STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ラーメン 映画


東京駅「みんみん」でスーラータンメン
「みん」って携帯で変換しても漢字が出ないね
「眠」に「王」がついたヤツ。
大阪が1号店みたいだね
餃子も唐揚げも美味いし
酢ラー湯麺も酸味とトロミがちょうどいい感じでバカうま。
安いし最高だよ


映画「ハッピーフライト」

国際線の見習いパイロットがバードストライクによって
羽田に引き返す話しで…
全然期待してなかったのにズルズル引き込まれたのは
パイロットやCAだけじゃボーイングは飛ばないのです、
整備士、管制官、オペレーター…
快適な空の旅にはたくさんの裏方さんがいるんです。
そんな事をあらためて思い出させてくれたから。
爆発とかなくても面白かった


テレビで3週連続放送した「20世紀少年」
金曜夜なのに結局毎週見ちゃった。
バンドがライブ無いのと
土曜も5時とかに起きて仕事だから花の金曜日とか言って、あんまり外で遊んだりしないんだ。オレには平日とかわんねぇもん(笑)

原作のマンガを読んでたから よく映像化出来たと拍手!
すごいたくさんのエキストラ集めたよなー

70年の大阪万博がキーワードになってる。
子供の時の万博ってものすごく興奮した。

85年のつくば万博の時 オレは小学6年生だった。
わりと実家と近くて5回は行った。
なんであんなに楽しかったんだろう。

少年だったからかな?
それ以来どこの万博にも行ってないんだ
一緒に行った友達は元気でやってるのかな
一番仲が良かった友達はもう死んでしまった。

ずっとこのまま大人になると思ってたシンボルが
万博だったかも知れないな

スポンサーサイト
| ↑TOP |

納涼会


久しぶりにバンドメンバーで集まって呑んだ。
ピザとワインで
外人のような飲み会。
いつもホルモンと焼酎なわけじゃないぜ

新曲にベースをつけてスタジオに入らなくちゃ。


翌朝アタマがイタくなり
あらためてワインの怖さを思い知るのだ

| ↑TOP |

日常へ戻る



新潟2泊3日の旅、最終日も雨だった。たまに大雨。

大石ダムを見たんだけど、けっこう興奮したよ。
6~9月は水位を30メートル下げておくみたいで水が溜まってない。
上からのぞくと吸い込まれそうなんだ。
オレはダムとか工場とかガスタンクとかに何故か惹かれるが
ほかに観光客はひとりもいなかった(笑)


雨が強くて日本海には触れなかった。
砂浜があまりなくて岩場がゴツゴツしてた。
日本海は波が高いかと思ってたけど
当日は雨風だから真相はわからなかった。
停めたレンタカーの近くに寄ってきたカモメにおにぎりをあげて
新潟に別れを告げた。


東京は今年の最高気温を記録したそうだ。
今日もクーラー無しで働ける温度じゃない。働いてるけどさ。

世界は熱帯になりつつある

| ↑TOP |

新潟競馬場



10年ほど前に中山競馬場に行った事があり
ライブの楽しさを味わった。
そして今回の旅のメインは新潟競馬場で競馬
広いし とてもキレイだ。

パドックってこんなに狭いんだとか
馬の駈ける足音の迫力とか
ラスト3ハロンで追い込むムチがベチベチいったり
障害レースの障害物は人が手作業でセットしたりと
テレビ中継ではわからない、伝わらない事が目白押し。
やっぱりライブは最高!

馬券のほうはトントンで終わり
帳尻合わせの人生のようで気に入らないが、
大負けしなくてよかった…(本音)

オレは今 温泉から出て日本酒を呑んでいる
窓に虫が集まってきて
窓の外は川が流れている
暗くてとても静かだ

| ↑TOP |

新潟へ


新幹線“MAXとき”に乗れば
東京駅から新潟駅までノンストップで2時間かからない。
オレは今 新潟にいる

あいにくの天気で花火は延期になり、ソバ屋は行列で入れないし
遅い昼飯は大阪王将になった。餃子うまいからいいけどさ(笑)

アクアリウムの神のような存在のメーカー“ADA”
ネイチャーアクアリウムギャラリーを観てきたよ。

大小たくさんの水草水槽を観てると心が癒される。
雑誌では載らない水槽の裏側を入念にチェックして、
「こんなに土を盛るのか!」と
勉強になることばかりだ。
コケが水槽内に無いだけでオレにはすごいッス

明日は軽~く勝負の日
新潟競馬場で馬を応援する

| ↑TOP |

帰省、映画


やっと夏休みになってクソ暑い現場仕事から解放された。
クーラーの効いた部屋にいれば夏バテになる心配はないが
茨城に帰省するためバイクにまたがって
着いた頃にはすっかりバテた。

墓参りして母親と話をすればオレの仕事は終わり。
同居を考えなきゃいけない歳で、孫を抱きたいだろう歳で、
ホントにたまに顔を出すことが
何ひとつ叶えてやれない罪滅ぼしのようで
実家に帰るといつも無力を感じ、やりきれない気持ちになる

今言えることは
お互い元気でいよう、だけさ


「少年メリケンサック」
YouTubeにアップされたパンクバンドに食いつくレコード会社
しかしそれは25年前の映像で現在はバンドをやめたアラウンド50
再結成して全国ツアーに行くが…

ピストルズの映画のパロディーがあったり、なかなか面白いね。
ミチロウ、ヒカゲ、仲野茂
よく聞いてたバンドのボーカルがチョイ役でニヤリとしたり。
佐藤浩市のベース役もハマってたなー

「どうせオレ等は笑われモンだろう
若い頃は大人に笑われて、今ガキに笑われて。
いまさらカッコつけてどうすんだ
やらなきゃおさまんねぇよ」

こんなセリフはパンクの本質かも知れないね

| ↑TOP |



「こんなに刺されていたのか!」

古河から帰った日になんとなくカユかった手足は
翌日になってかゆみ激増。
全部で15ヶ所も。

フルーツのようなモノが足にできた時は腰が抜けた(苦笑)


ブヨは水がキレイなとこにいるらしいよ
ネコノミは土にいるらしいよ

こんだけ刺されたら田舎では暮らせないよ

| ↑TOP |

夏を遊ぶ




土曜日、日曜日
茨城県古河に向かうため
作業着と絵の具セットを持って湘南新宿ライナーに乗った。
意外と東京から近くて驚くよ

何もない駅前のロータリーで出迎えてくれた仲間の車に乗り
背より高いトウモロコシ畑を抜けて彼らのアジトに着いた。

クーラーのない木造平屋はスタジオになっていて
庭には七輪とテーブルがあり
見渡す限り 辺りは田んぼで稲穂がキレイだった。
そこでバーベキューをし、絵を描いて酒を呑んだ。
死ぬほど汗だくになるから
ホースで水浴びをしながら。
イヤってほど蚊やブヨに刺されながら。


酔っぱらって遊んだスタジオセッションも
わけのわからなくなった絵のセッションも
まったくたいしたモンじゃないが、楽しかった。

十分に夏を遊んだよ

| ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。