STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

それぞれの青春

湯本香樹実の「夏の庭」という本を読んだ

12歳の少年三人が
遠い存在である“死”という事を見つめてゆく話

少年が成長していく青春モノは大好きだから、
サラッと読めて面白かった

庭にコスモスの種をまいてホースで水をやるシーンがある
太陽の光で小さな虹ができるんだ

「いつもは見えないのに ひと筋の水の流れによって姿をあらわす。光はもともとあったのに、その色は隠れていたのだ。
たぶん、この世界には隠れているもの、見えないものがいっぱいあるんだろう」

なるほど、いい事ゆう
愛情や絆は目では見えないもんな
そして 青春も
スポンサーサイト
| ↑TOP |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。