STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

バスクの旅 その3

20081031195730
20081031195728
20081031195726
昨日のblogでオンダビリアと書いたけど、オンダリビアの間違いだった。

23日はライブ初日
サン・セバスチャンのLE BUKOWSKI
タイバンはフリータンガス

ブコウスキーはバーで、広さは日本のクロコダイルくらいかな。
ちょっとした演奏スペースの壁にはクラッシュのファーストがいちめんに。
サイコーだぜ!

こっちのライブハウス事情は けっこうすごい。
PAはリハーサルスタジオで使うようなシステムだし
店にアンプやドラムセットは無いんだ。
ミュージシャンがワゴンに自分のアンプやらを積んで持ち込む。
セッティングもバラシも撤収も全部自分達でやるんだ。

なか音だってお世辞にもやりやすいとは言えないし、
本番真っ最中になか音がどんどん変わっていくハコもあった。
リハの時間も短い。
そして開場が23時とかで真夜中に演奏する。

このツアーでタイバンだったバンドマン達は
開場ギリギリまで酒を呑み、自分達のショウをやり
タイバンのステージを観てノッてくれ、機材を積んで帰ってゆく。
そうとうタフでナイスガイばかりだよ。

日本のミュージシャンは恵まれている。
オレはいろんな事を当たり前と思っていた自分が恥ずかしくなった。
ライブとはホントはこうゆう事なのかも知れないね。

初日と二日目はフリータンガスの機材を使わせてもらった。
ベースの奴はメチャいい奴ですごく仲良くなった。
落ち着いたらメールしようと思う。

24日 イルン SALA TUNK
タイバンはフリータンガス、マムート

トゥンクはライブハウス
マムートはレディオヘッドみたいな音で男と女のツインボーカル。

25日 エロリオ GAZTETXE ELORRIO
タイバンはゼアマイス

ゼアマイスは女ボーカルでハードな音。
この日と翌日の店は
市民がお金を出し合って運営している。
公民館のような学校のような倉庫のような場所だった。
それをロックやレゲエ調に改装してるイメージ。

ここの街は雰囲気が素晴らしい
街全体が石造りでディズニーランドにいるようだ。

26日 トロサ BONBERENEA
タイバンはフェルミンのバックバンド(名前忘れてしまった…)

彼らはボーカル二人、ギター、ベース、ドラムはもちろん、
アコーディオンにDJに管楽器に鍵盤までいる編成。
スカやレゲエやロックも懐がデカく、ホントかっこいいバンドだった。

自分のプレイが一番良かった日は3日目のエロリオかな。
お客さんも300人くらい入っていたよ。

4日間ともだったんだけど
ハコの中は クサやチョコの煙がモクモク。ふくりゅう煙がハンパない!
そんな中でのステージ。日本じゃありえない(笑)

大麻はタブーの日本で
この話しを深く掘り下げはしないが ひとつだけ言いたい事がある。
それは 日本では吸っただけで犯罪者のレッテルが貼られる。
だが、国によっては日々の生活にとても密着している。
それを理解できずに 吸ってる場面を見ただけで
その人を否定する事は最悪な事だと思うよ。

明日は旅を通して感じた事をまとめます。
スポンサーサイト
| ↑TOP |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。