STAY FREE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

お台場




年末年始 10日間ほど携わっていた現場が
最近ダイバーシティとしてオープンした。
一応一回くらいはきちんと外出しようと繰り出したが
そりゃーもう、ハンパない人が集まっていて
身動きがとれないほどだった…

ガンダムは前にお台場に来た時と同じだったかはわからない。
ダイバーシティ7階のガンダムコーナーはチケット完売で入れず。
すっかりくたびれて
国民の祝日を味わった。


日本は42年ぶりに原発が停止した。
人それぞれいろんな事情があって
早急に再稼働を求める声が上がっている。

まったく、哀しい。
どうして、わからないんだろう
どうして、気づいているのに見ぬふりをするんだろう

二度と2011年3月11日以前の日本や世界には戻れない。
チェルノブイリ
フクシマ
もう、これ以上リスクはいらないはずだよ


最近一冊の本を読んだ
「病葉流れて」 白川道

18歳の大学生が酒や女、麻雀を知ってゆく青春、ギャンブル小説で
出会う登場人物がみんなイイ事を言う。

「男と女がほんとうにいい関係でいられるのは、お互い自由であることよ。自分が大切なのと同時に、相手のことも尊重する。
それが自由であるための最低限のルールよ。口先だけなら、自由なんて、誰でもいえる。でも、ほんとうの自由というのは、
苦しさを自分のなかで押し殺すことができなくては手に入らない。」

すばらしい。男女関係の本質をビシッと言い切る感じ。

また ある博打うちになんで博打をうつのか問う場面では
「たしかに博打は何も生まん。
~中略~
人間の社会には、何も生まない、という価値観があってもいい。
無に帰する、という考え方があってもいい。
生み出されるばかりの世の中だったらこの世界はすぐに一杯になって息苦しくなってしまう」

すばらしい。博打の真理をバシッと言い切る感じだし、
世の中の真理でもある。

こんな粋な会話や雀荘でのリアルな麻雀シーンに引き込まれて
あっという間に読み終わってしまった。
ギャンブルに迷った時に
また読みかえしたい心の一冊。

オレも18歳の頃徹夜で麻雀していたなーとか
当時付き合っていた仲間たちを思い出したり
なんか甘酸っぱい。

そう、いつだって青春は甘酸っぱいのだ。


昨夜 土曜競馬でヤラレた後
日曜競馬の検討会に鬼頭さんが参加した。
白熱した議論の結果は今日出たのだろうか

オレは今日もさんざんだった。
また働いて金をつくらなくちゃダメっ!

スポンサーサイト
| ↑TOP |
プロフィール

@KEI

Author:@KEI
1974年2月東京生まれ 
茨城育ち
ベーシスト

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。